logologo
岡崎市の不動産売却・買取攻略ガイド「岡崎、家を売る」 » 【コラム】空き家・古家の売却は難しい?

公開日:|最終更新日時:

【コラム】空き家・古家の売却は難しい?

空き家や古い家を所有されている方は、その売却方法に悩んだ経験もあるのではないでしょうか。本記事では、そうした方に向けて古い家の売却方法をご紹介していきたいと思います。

古い家は売れない?

岡崎の不動産売却不動産買取イメージ

相続した実家を売る場合など、築年数の経った家を売却しようとしても耐震性等の問題もあり、売却しづらいのが現状です。特に日本ではまだまだ新築に対する憧れが強いことも多く、古い家や空き家売却には手をやくことになるでしょう。とはいえ、工夫次第では売れないわけではありません。

売る家で比較!
愛知県岡崎市の
不動産売却・買取攻略術

古い家の基準・定義とは?

そもそも古い家の基準とは何なのでしょうか?

これには、明確な基準はありませんが、一つの基準として旧耐震基準で建てられた家なのか、新耐震基準で建てられた家なのかといったことがあります。耐震基準とは、地震に対してどのくらいの強度を持つかを表すもので、1981年に大きな改正がなされ、今でもこのときの耐震基準を元に家が建てられています。このため、1981年の改正以前を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼んでいます。

古い家を売却するときの進め方

古い家を売却するときの進め方といっても、基本的には通常の不動産売却を同じ流れです。具体的には以下のような流れで進めるとよいでしょう。

「古家付き土地」として売りに出す

古い家や空き家を売却するときは「古家付き土地」として売却する方法もあります。

つまり、建物の価値は基本的になしとして、土地の価格のみで売却するのです。 古家付土地を買った方は、購入後に家を解体して新築を建てることになります。

もちろん、家を気に入ったら家にそのまま住む方もいらっしゃるでしょう。

古い家は更地にした方が売れやすい?

古家付き土地として売却する方法以外に、最初から建物を解体して売りに出すといった方法もあります。

新築を考えている方にとっては、例え土地としての売却であっても建物が建っていると、購入後に解体のために時間がかかることや、新築のイメージが沸きにくいこともあり、敬遠することがあります。

ただし、更地にする方法だと売主が先に解体費用を負担することになる点には注意が必要です。 建物を解体したのに土地が売れないとなっては大変です。こうしたときにおすすめなのが不動産買取です。不動産買取であれば、家が建っている状態で土地として問題なく買い取ってもらうことができます。

古い家や空き家売却を考えている方は、まずは不動産買取を行っている不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

岡崎市で幅広い相談ができる
不動産屋はここです!

岡崎の不動産売却攻略術
3パターン

不動産の売却を検討するとき、多くの人は一括査定サービスの簡易査定を利用しますが、古い家などは正確な査定額を出すことが難しいのをご存知でしょうか。
また、買い手を探さなければならない仲介は時間と手間のかかるもの。家のタイプやライフスタイルに合わせて、どんな不動産屋に相談すべきなのか、不動産売却の【攻略法】をお教えします。

手間や時間をかけずに
現金化したいなら
実績のある地元の不動産屋
シティーホーム

不動産屋が買い手を探す「売却」に対して、不動産屋自身が買い手になる「買取」なら、比較的短期間で、家を片付ける手間や売却後のトラブルもなく現金化できます。
中でも実績のある不動産屋なら地元の不動産事情にも詳しく高値買取が期待できます。シティーホームは、建築条件のない土地の売却実績が岡崎で最も高い(2020年3月調査時点)不動産屋です。

手間をかけても
儲けたいなら
事業領域の広い不動産屋
三井のリハウス

相続などで得た不動産で満足のいく収入を得たいということでしたら、もしかしたら売ってお金にすることが正解ではないかもしれません。
賃貸や駐車場経営など、幅広い不動産活用の相談ができる不動産屋に相談してみましょう。事業領域が広い、という点では大手がおすすめです。特に三井のリハウスは仲介の取り扱い件数が33年間日本一という実績があります。(2019年5月時点)

駅近・築浅物件を
売りたいなら
一括査定サービスでOK
リビンマッチ

古い家にとって、簡易査定で求められる情報だけでは測れないことが多く査定額があてになりませんが、売りたい住宅がまだ新しく好立地な物件であれば、簡易査定の条件だけでも比較的正確に査定額が出すことができます。
査定サービスはいくつかありますが、愛知に拠点があり、岡崎周辺の地元不動産屋も加盟している可能性が高い「リビンマッチ」がおすすめです。

・シティーホーム
※西三河地域で完成宅地の売却実績が最も多い(2020年3月調査時点)
・三井のリハウス
※全国の売買仲介取扱件数が33年連続日本一(2019年5月時点)
・リビンマッチ
※調査した査定サイトの中で愛知県内に運営会社があり、加盟社数が多い1400社以上(2020年3月調査時点)